池田養魚場のイワナ屋BLOG

雨天。

Filed under: 釣り関係, 日々の便り — 管理人 @ 15:32:07

dscn1414.JPG

昨晩から降り続いた雨で、水量は良好です。

尺サイズのイワナも放流中。

水量良好。

Filed under: 釣り関係 — 管理人 @ 11:44:00

dscn1409.JPG

昨夜の雨で、水量は平水時の2割り増し程度に増えました。

楽しい釣りができそうです。

新聞(スポーツニッポン)の釣り欄にも、釣果情報を毎日記載して

いますが、今冬は期間限定で、放流つりに尺物サイズのイワナを

混ぜていますので、ぜひ挑戦してみてください。
今日は天気こそ悪いですが、気温は暖かいですね。

この暖かさはしばらく続きそうです。

久々の‥

Filed under: 釣り関係, 日々の便り — 管理人 @ 14:30:10

dscn1403.JPG

今日は日中こそ晴れたものの、午後からは久々の雨降りとなりました。

この雨で水量も多くなり、また釣果も上がりそうです。

最近は、毎日のように問い合わせの電話がかかってきます。

そのほとんどが、「雪は大丈夫ですか?そちらにたどり着けますか?」

といった内容のものです。多くの方が、永源寺には2メートル程の雪が

降ると思っておられるのでしょう(笑。

最近ではよく積もっても、20センチ程ですので、安心してお越しください。

(‥と言っても、もっと積もる日もあるかもしれませんので、

 気になる方は気軽にお問い合わせください。)

昨日書いたように‥

Filed under: 釣り関係, 日々の便り — 管理人 @ 15:53:34

dscn1405.JPG

(写真は釣り場上流ポイント)
本日も晴天なり。

2日連続で晴れたのは今年初ではないでしょうか?

晴れ間が覗くと気分もほっとします。

雪も無いと困りますが、「どかどか」ではなく「しんしん」と降る程度で

お願いしたいものです‥

と、愚痴を言っていてもどうにもしょうがないのですが(笑)

この晴天の続いたおかげで、やはり釣り易いのか釣果も良好、水温も少し上がり

岩魚の喰いもよろしくなってきたように思います。また、今の時期は尺物のイワナも放流していますので、ぜひチャレンジしてみてください!
さて、晴れ間が出たとはいえ寒さはまだ続きます。インフルエンザ等も流行っている中、

皆様も風邪などひかぬよう、元気でお過ごしください。

雪、雪。

Filed under: 釣り関係, 日々の便り — 管理人 @ 11:14:16

dscn1407.JPG

昨夜から全国的に今冬一番といわれる寒さだったようですが、

今日はうってかわって暖かい快晴の一日になりました。

ここ2、3日で積もった雪も一気に溶けそうです。

釣り場も、変わらずの好釣果が続いています。

しかし水温が低いのも手伝って、春~秋に比べては、

若干喰いつきが悪くなるので、じっくり釣る粘りが必要です。

ここ最近の寒波は、今日明日で一旦緩むようですので、

しばらくは釣りやすい日が続きそうです。
 

岩魚の山椒煮。

Filed under: 料理・BBQ — 管理人 @ 12:19:28

今日は酒の肴のもピッタリの「岩魚の山椒煮」を作っていきます。

dscn1401.JPG
・まずは岩魚の腹ワタを取り除き、水で丁寧に洗います。

石などを飲み込んでいる場合があるので念入りに洗い流します。

・このまま新鮮な状態ですぐに炊くと、身が裂けてくりんと曲がってしまうので、

冷蔵庫で2~3時間寝かします。そうすることで真っ直ぐピンとした

出来上がりになります。(夏場は弱るのも早いので短い持間でOK。

目安としては、岩魚の色が白っぽくなれば大丈夫です。)

dscn1399.JPG

・岩魚が白っぽくなれば、ナベで炊いていきます。

しょう油、お酒、砂糖などを入れ、お好みの味にしてください。

※あまりお酒を入れると、出来上がりがしゃばしゃばになるので

注意しましょう。

dscn1386.JPG

・焦がさないように注意しながら、中まで味が染みこむように

じっくり炊いていきます。

・出来上がる直前に山椒の葉をいれ、蓋を閉め5分ほど

強火で炊き上げます。

dscn1387.JPG

・火を消し蓋を開け、鍋のまま冷めるのを待てば完成です。

中まで味が染みこみ、頭から尻尾まで食べられますよ。

→イワナ活魚、山椒煮の販売はこちらから。

冬 耐える 岩魚。

Filed under: イワナの話 — 管理人 @ 11:59:04

dscn1395.JPG

今日も山がうっすら白む朝になりました。

ここ数日と比べ異様に風が強く、外に出れば肌を刺すという言葉の通り、痛みのような感覚すら覚えます。

しかしこんな厳冬にあって、なおかつ水中ともなれば、おそらく人間ならば2分ともたず御陀仏できそうな状況で、

なんとも岩魚という魚はつくづくすごい魚だなぁと実感します。

暑さには弱いが寒さにはめっぽう強い。

今の時期では、水温4℃ほどにもなりますが平気な顔で泳ぎます。

写真は大変わかりづらいですが、右の岩から体半分出しているのが岩魚です。

このような状態で、一日ほとんど動かずに

じっっと寒さに耐えています。

口こそ聞きませんが、その姿に教わることの多い魚です。

1月10日。

Filed under: 日々の便り — 管理人 @ 11:51:27

dscn1394.JPG
早いもので、年が明けてからもう10日が経ちました。

年の瀬からの慌しさも落ち着いてきた頃でしょうか。

こちらは昨晩から冷え込み、地面が少し白む朝となりました。

釣り場の方は変わらず水況良く、釣果も期待できそうです。

春の芽吹き

Filed under: 日々の便り — 管理人 @ 9:43:58

dscn1393.JPG

早くも「ふきのとう」が芽を出し始めました。

ふきのとうはキク科の植物で、フキの花の蕾です。

他の山菜と比べ、一番早く顔を出すことから、「春の使者」とも呼ばれています。

「春の皿には苦味を盛れ」と言いますが、フキノトウの独特の苦味は本当にクセになりますね。

もう少し大きくなるのを待って、料理にも使っていきたいと思います。

が、その前に少しだけ摘み、天ぷらにしておいしく頂きました。

やはり絶品!

あけましておめでとうございます

Filed under: 日々の便り — 管理人 @ 11:31:45

遅くなりましたが新年のご挨拶です。

2009年もよろしくお願い申し上げます。

毎年、年末年始は雪になるのですが、今年も年明け1日から豪雪となり、雪に埋もれた正月となりました。

今日の晴天でようやく銀世界から解放され、ほっ、としています。
釣り場は昨年から変わらずの好釣果が続いております。

今の状況としては、岩の下の岩魚を、細糸で粘り強く誘うような釣り方が良いようです。

雪も溶け、釣りやすくなっているので狙い目です。
さて、昨年は放置気味になっていたこのブログですが、楽しみにして下さっている方もおられるようですので、今年はこまめに更新していきたいと思います。

今年もお付き合いの程、よろしくお願いします。

Valid XHTML | CSS | Powered by WordPress